宇土市大太鼓収蔵館

taikosg

宇土市には、江戸時代から明治時代にかけて作られた「雨乞い大太鼓」が26基残されています。この太鼓は、当時の村々が豊作を祈る「雨乞い」や「虫追い」などの行事のために所有していたものです。これらの行事は、戦後の急速な経済成長の中で次第に衰退し、祭りの主役を務めた大太鼓も、神社や寺の片隅にほこりをかぶったまま放置され、あるものは朽ち果てていました。しかし、20年ほど前に椿原地区で雨乞い太鼓が復活したのを契機として、各地区で復興の動きが出て来ました。
宇土市では、平成2年と3年に、ふるさと創生資金を利用して太鼓の修復と大太鼓収蔵館の建設を行いました。現在では、全国に誇れるこれらの大太鼓を活用した街作りを、民間・行政一体となって進めています。
宇土市大太鼓収蔵館では、歴史的価値の高い26基の巨大な雨乞い太鼓に触れることが出来、雨乞いに関する民俗資料やビデオなども見学することが出来ます。
taikosn
休 館 日:年末年始及び毎週月曜日
開館時間:9時から16時30分まで
入 館 料:大人100円 子供50円
交  通:JR鹿児島本線宇土駅下車→タクシー12分(約5km)


大きな地図で見る

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。