宇土雨乞い大太鼓

-歴 史-
現在、保存されている太鼓は25地区の26基ですが、戦前まではもっと多くの地区が太鼓を所有していました。
続きはこちら>>

-特 徴-
宇土の雨乞い太鼓には、横から叩く長胴太鼓と、平置きにして上から叩くドラ太鼓(平太鼓)の2種類があり、全て欅(けやき)の巨木を刳り貫いて作られたものです。
続きはこちら>>

宇土市大太鼓収蔵館
宇土市には、江戸時代から明治時代にかけて作られた「雨乞い大太鼓」が26基残されています。
詳しくはこちら>>

宇土雨乞い大太鼓保存会
宇土市に残されている26基の大太鼓は、江戸時代以降、当時の集落ごとに「雨乞い」や「虫追い」用として所有していたものです。
続きはこちら>>

大太鼓奉納
椿原(つばわら)地区に伝わる伝統行事。
詳しくはこちら>>

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。